リフォームで家を長持ち!家が傷んで来たら塗装業者さんに相談!

我が家のリフォームの歴史

ソファとテーブル

新築建て売り住宅を購入して26年、ユニットバスを変え、畳からフローリングに変え、屋根を葺き替え、壁を塗り替え、樋を変え、直近では念願のウォシュレットに変えました。ざっとこれだけ並べれば自慢げにやってやったように聞こえるが、たくさん業者の出入りでストレスになったのは言うまでもない。その他も簡単ではなかったのですが…リフォーム、家ごと建て替えも予算の範囲内ならいくらでもやっていいと思います。気持ちも新たになります。我が家は、建て替えは予算の範囲ではなかったのですが、ちょこちょこ修繕した側であるが満足しています。
26年、出会った業者は忘れるくらい沢山いましたが、運よくいい人に出会ったと思います。あとは私自身も、ストレスを感じることだけに不満ばかり持っていたことからだいぶ意識が変わったこともあります。リフォームというのは、諦めないこと、終わらないことを続けることだなと気づいたからです。
家のあそこが気になる!をなんとかするように頑張ることなんだなと思います。諦めたら終わってしまいます。それは、安心するためじゃなくて一緒に生きるため、子供のような気持ちで接しないといけないのかもしれないです。もし修復不可能になっても、またそこで立ちあがって頑張らなきゃいけないのかもしれません。リフォームしたばかりで天災で壊れてしまってもです。自信はないがまた諦めずに頑張りたいです。

PICK UP

赤いベット

複数箇所をまとめてリフォーム

設備の破損や突然の故障などで急遽修繕リフォームが必要になってしまったというケースではなく、そろそろ古くなってきたからメンテナンスとしてリフォームをしようと思い立つ瞬間が何年かに一度くる事かと思います。そのようなメンテナンスのリフォームの場合には、できる限り寿命が近い家の部位をまとめてリフォームしてしま…

More
赤いソファ

リフォームは生活の一部

リフォームというと特別なものというイメージがある方も少なくないかと思います。しかし、家をもっている方にとってはリフォームは生活の一部といっても過言ではありません。というのも、家は色々な部位で定期メンテナンスが必要となります。つまりリフォームというのは生きていく上で定期的にお世話にならないといけないもの…

More

HEADLINE

ソファ

思い出になっている部分を残せるリフォーム

家を建ててから時間が経過すると老朽化が進んでしまいますが、それと同時に長く住んでいるので愛着も出てきます。愛着が出てくると長く住みたいという気持ちも強くなってきます。そういう時に家の寿命を長くしてくれるのがリフォームなのです。家の老朽化が進んでしまうと、リフォームでは対応出来なくて建て替えを検…

More
ソファとテーブル

我が家のリフォームの歴史

新築建て売り住宅を購入して26年、ユニットバスを変え、畳からフローリングに変え、屋根を葺き替え、壁を塗り替え、樋を変え、直近では念願のウォシュレットに変えました。ざっとこれだけ並べれば自慢げにやってやったように聞こえるが、たくさん業者の出入りでストレスになったのは言うまでもない。その他も簡単ではなかっ…

More

POST LIST