リフォームで家を長持ち!家が傷んで来たら塗装業者さんに相談!

思い出になっている部分を残せるリフォーム

ソファ

家を建ててから時間が経過すると老朽化が進んでしまいますが、それと同時に長く住んでいるので愛着も出てきます。愛着が出てくると長く住みたいという気持ちも強くなってきます。そういう時に家の寿命を長くしてくれるのがリフォームなのです。
家の老朽化が進んでしまうと、リフォームでは対応出来なくて建て替えを検討していかなければいけませんが、家の老朽化の進行がそれほど進んでいない場合はリフォームで十分対応する事が出来ます。建て替えになってしまうと、一度解体してその後建て替えという形になってしまうので多額の費用がかかってしまいます。そのためリフォームで対応出来れば費用を大幅に抑える事が出来るので、家の老朽化が進んでしまったらまずリフォームを検討した方がいいでしょう。
リフォームは老朽化した部分だけ変えるという形なので、今まで築き上げてきた思い出を残せるというのも大きなメリットです。そのため老朽化してきた部分は直したいけど、思い出は残したいという人にはリフォームが最適です。
リフォームする時は、業者との事前の話し合いも重要になってきます。どの部分を直して、どの部分を残すなどの費用の詳細などを事前に説明をしてもらって、後になってトラブルにならないようにする事が大切です。

PICK UP

赤いベット

複数箇所をまとめてリフォーム

設備の破損や突然の故障などで急遽修繕リフォームが必要になってしまったというケースではなく、そろそろ古くなってきたからメンテナンスとしてリフォームをしようと思い立つ瞬間が何年かに一度くる事かと思います。そのようなメンテナンスのリフォームの場合には、できる限り寿命が近い家の部位をまとめてリフォームしてしま…

More
赤いソファ

リフォームは生活の一部

リフォームというと特別なものというイメージがある方も少なくないかと思います。しかし、家をもっている方にとってはリフォームは生活の一部といっても過言ではありません。というのも、家は色々な部位で定期メンテナンスが必要となります。つまりリフォームというのは生きていく上で定期的にお世話にならないといけないもの…

More

HEADLINE

ソファ

思い出になっている部分を残せるリフォーム

家を建ててから時間が経過すると老朽化が進んでしまいますが、それと同時に長く住んでいるので愛着も出てきます。愛着が出てくると長く住みたいという気持ちも強くなってきます。そういう時に家の寿命を長くしてくれるのがリフォームなのです。家の老朽化が進んでしまうと、リフォームでは対応出来なくて建て替えを検…

More
ソファとテーブル

我が家のリフォームの歴史

新築建て売り住宅を購入して26年、ユニットバスを変え、畳からフローリングに変え、屋根を葺き替え、壁を塗り替え、樋を変え、直近では念願のウォシュレットに変えました。ざっとこれだけ並べれば自慢げにやってやったように聞こえるが、たくさん業者の出入りでストレスになったのは言うまでもない。その他も簡単ではなかっ…

More

POST LIST